エンジェル投資家を探す方法は?アプローチ方法や注意点を紹介!

2022年03月31日

起業を考えている場合、考えなくてはならないのが創業資金です。とはいえ実績のないベンチャー企業の場合は資金繰りが難しい面があります。そういった時に心強い味方となるのが、エンジェル投資家と呼ばれる個人投資家です。ですが、エンジェル投資家はどう探せばいいのか、また本当に投資をしてもらえるのか、個人での対応には限界もあります。そこでエンジェル投資家にアプローチする方法や注意点について、今記事で詳しくご紹介します。

そもそもエンジェル投資家って何?

エンジェル投資家とは、創業したばかりの企業に対し、資金提供をする個人投資家のことをいいます。自社で創業資金を作ることが難しく、困難な立場に置かれている企業からは「窮地を救ってくれる天使」のような存在であることからエンジェル投資家と呼ばれています。エンジェル投資家からの資金提供は、海外では一般的ですが日本ではまだそれほど身近な存在ではありません。とはいえ、エンジェル投資家は元起業家だった人が多く、事業経営の大変さを理解していることなどから心強い味方であるといえます。エンジェル投資家は、投資先企業の株式を購入し、株価が上がった時に売却することで得られる利益を目的として投資をします。その他、投資した企業の経営に関わる目的や、起業を応援したいという気持ちから投資をするエンジェル投資家もいます。

ベンチャーキャピタルとの違いとは?

創業間もない起業の資金調達の方法には、エンジェル投資家とよく似ているベンチャーキャピタルもあります。ベンチャーキャピタルは未上場企業への出資を行い、企業が上場をした後に株を売却したり、事業を売却したりして利益を得る点でエンジェル投資家の目的とほぼ同じです。ですがこの2つには大きな違いがあります。ベンチャーキャピタルはエンジェル投資家と違い、数億円を超えるような額の出資が可能です。その代わり厳しい審査があります。一方のエンジェル投資家は、100万円ぐらいから多くても2,000万円ぐらいの出資額ですが、審査ではなく投資家の一存で融資が決まります。エンジェル投資家には、投資した資金の回収以外にも目的があることもベンチャーキャピタルと大きく違うといえます。

エンジェル投資家を探す方法とは?

エンジェル投資家からの融資は、返済の義務がないことから魅力ある資金調達方法です。自分の起業を応援してくれる起業家を探す方法としては、以下の5つがあります。

1. 紹介してもらう

知り合いの起業家や経営者のツテで紹介してもらう方法です。実際にエンジェル投資家に投資してもらった人であれば、紹介してもらいやすいメリットがあります。

2. マッチングサイトを利用する

エンジェル投資家のほうでも、投資先を探していることも多いため、マッチングサイトを利用すれば自分の会社に合った投資家を見つけやすくなります。ただし無料だけでなく有料のものもあり、利用料金が高いものほどマッチングする投資家が多くなります。

3. ピッチコンテストへの参加

事業のプレゼンテーションを審査員に対し行うイベントで、企業だけでなく自治体が開催しているものも多くあります。エンジェル投資家が審査員として参加していることも多く、投資につながる可能性があります。

4. 交流会やイベントへの参加

投資家の交流会に参加し、直接エンジェル投資家にアピールする方法です。ただし自分の事業にマッチした相手と会えるとは限らないデメリットがあります。

5. SNSなどで直接アプローチする

エンジェル起業家のSNSから直接アピールする方法です。ただしアプローチしても必ず答えてもらえるとは限らないので難易度は高めです。

エンジェル投資家から投資を受けるために必要な事

エンジェル投資家から投資を受けるためには、人間としての相性に加え事業が投資に値するものかどうか判断してもらう必要があります。そのため、まずエンジェル投資家との面談前に以下の書類を用意して持参しましょう。

  • 会社謄本
  • 決算書(直近の2期分)
  • 試算表(直近の2ヶ月分)
  • 販売管理費明細表
  • 銀行残高及び借入残高(直近のもの)
  • 株主名簿
  • 定款
  • 役員名簿(個々の役員の経歴が明記されているもの)
  • 主要な取引先のリスト
  • 自社のWebサイトのURL
  • 会社案内のパンフレット
  • 資本政策案
  • 株価算定表
  • 事業計画書
  • 発行している株式についての概要

ただし、ここに明記したすべての書類が必要となるわけではありません。またエンジェル投資家との面談で、追加で書類が求められることもあります。またエンジェル投資家は投資に値する事業をしているかと同時に、経営者が誠実な人間かどうかも見ていますので、交渉は丁寧かつ冷静に進めるようにしましょう。

エンジェル投資家から出資を受けるためのコツ

エンジェル投資家から投資を受けるためには、自社の事業がこれから大きく成長していく可能性があるかどうかが大きく関わってきます。市場が小さく成長が見込めない事業では投資しても回収ができないためです。また競争が激しい市場の場合、競合企業と比べ、自社にどれだけ優位性があるか、投資に値する勢いがある会社であることを投資家に示して納得してもらうことも必要となります。魅力的な事業であること、かつ事業のクオリティの高さを、真摯に、かつ誠実に説明ができるかどうか、面談の前に他の人にも見てもらい、その意見も活かしながら面談に挑むといいでしょう。

エンジェル投資家から出資を受ける際に注意するべきこと

未知数の企業に対し、手を差し伸べてくれるエンジェル投資家ですが、出資を受けるにあたっては注意も必要です。エンジェル投資家からの投資は、返済の義務はありませんが、投資家によっては経営のアドバイスだけでなく経営の現場に直接関与しようとしてくることがあります。またエンジェル投資家を謳って詐欺を働く人間もいます。特にマッチングアプリでは見抜くことが難しいため注意が必要です。エンジェル投資家の多くは、現役で活躍している事業人であるため、評判などは事前にしっかりと調べればトラブルに巻き込まれる可能性はほぼないといえます。それでも常に警戒心を持って面談や交渉に臨むようにすることをおすすめします。

投資・融資のご相談ならHSMJapanへ!

創業したばかりの企業や、これから会社を立ち上げようと考えている方にとって、悩みの種でもある資金を、バックアップしてくれるのがエンジェル投資家です。ただ、自分がこれからやりたいと考えている事業に賛同し支援してくれるエンジェル投資家を探すのは容易ではありません。また個人とのやり取りになるため、その交渉にも時間がかかります。HSMJapanでは、個人や法人に関係なく、新規事業を立ち上げたいと考えている皆様のバックアップのお手伝いをさせていただいています。事業内容に賛同して寄付をしたいという投資家の方との橋渡しもしていますので、ぜひ一度ご相談ください。